風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

富士山頂と宝永火口付近の地質図

獅子岩キプカと御殿場崩壊壁

DOB1GgBU8AA6oAi.jpg
下半分を森に覆われた島のような地形が獅子岩。周りを新しい溶岩に取り囲まれている。このような森をハワイではキプカと呼ぶ。


獅子岩と同じ古い溶岩が左の谷壁に露出している。

528ppt_201711080652511dd.png

ppt_201711072128221c2.png
2900年前の御殿場崩壊後まもなく流れ出た大量の溶岩を黄色に塗った。滑らかな表面をなす。なだれで地表が毎春更新されるため、植生の浸入が進んでいない。

宮古島は平ら

津波石


宮古島、東平安名崎(ひがしへんなざき)の津波石。

IMG_1360.jpg
地上からはこう見える。

IMG_1359.jpg
海中のサンゴ礁の上だけでなく、岬の上にも津波石はある。琉球層群(第四紀)の石灰岩だ。

IMG_1366.jpg
地表に露出した部分は、雨水による浸食を受けてカルスト地形をなす。

【“宮古島は平ら”の続きを読む】

鎌原土石なだれは鬼押出し溶岩から発生した。

早川由紀夫(2017)鎌原村を襲った土石なだれは、鬼押出し溶岩から発生した。月刊地理、62(8)、4-9。
キャプチャ

火口から5.5キロ地点の火山弾

point48.jpg

浅間北麓にある分譲別荘地の林の中(地点48)に、直径90センチの丸い火山岩がある。表面に冷却割れ目が見られることから、20世紀前半に頻発したブルカノ式爆発で山頂火口から飛来した火山弾だと思われる。

キャプチャ

しかし、ここは山頂火口から5.5キロも離れている。他の火山弾が4キロ以内に留まっていることと比べると、例外的に遠い。別荘地開発に伴って、人が火山弾をここまで運んだのではないかと心配だ。はたして、浅間山のブルカノ式爆発で火山弾がここまで届くだろうか。計算してみた。

Eject!というプログラムに次のパラメータを入力した。
・追い風 10m/s
・放出角度 45度
・放出点の高度 2520m
・着地点の高度 1220m

220.png

初速を、160、180、200、220m/sとして4回計算した。220m/sで、水平距離5.57キロまで到達した。最高高度1.15キロ、飛行時間38秒である。

現在の浅間山頂火口の直径は300メートル。深さ160メートルの円筒形をしているから、現在の火口底中心で爆発すれば放出角度45度は達成できる。地点48はほぼ真北にあたり火口縁が最も低くなっている方角だから、火山弾が火口縁をクリアしやすかっただろう。浅間山のブルカノ式爆発で、火山弾が北側5.5キロまで到達することはいまでもありうると思われる。

浅間釜山と霧島御鉢はよく似ている。


浅間山の釜山スコリア丘(右)と霧島山の御鉢スコリア丘(左)のほぼ同一縮尺比較。よく似ている。釜山スコリア丘は360度ぐるりあるが、御鉢スコリア丘は溶結層が西側で欠けている。そこから大量の溶岩が流れ出た。いっぽう釜山スコリア丘は鬼押出し溶岩が北側基底を破って流れ下った。

ohati.png
御鉢のグーグルマップ3D

kama.png
釜山のグーグルマップ3D

・浅間山1783年溶岩(鬼押出し)は3億トン(M4.5)
・霧島山1235年溶岩(御鉢)は2億トン(M4.3)。

【“浅間釜山と霧島御鉢はよく似ている。”の続きを読む】

ドローンで見た浅間火口内壁


浅間山、2017年5月21日の火口底。手前に千トン岩。

2521.jpg

DCABwprUQAEE7VI.jpg

1783年噴火で鬼押出し溶岩は釜山スコリア丘の基底を破って北山腹を流れ下った。いま西之島でスコリア丘の基底を破って大量の溶岩が流れ広がっているの同じである。

1783年噴火で鬼押出し溶岩が北側にだけ流れ下ったのは釜山火口縁の北側が低かったから、は正確でない。釜山スコリア丘が乗った前掛火口縁の北側が低かったから、が正確だ。前掛火口は1108年噴火でできた。舞台溶岩は北側にだけ流れている。そのときから北側が低かった。いまも北側が低い。

1783.png



【“ドローンで見た浅間火口内壁”の続きを読む】

ドローンで撮影した黒岩


プリンスランドロータリー

C_NjDvbVYAAnaNk.jpg
トギホリ石

C_NjPMqVYAAHXUv.jpg
サンランド管理事務所

C_NjihqUwAAsuh9.jpg
こじはん石



【“ドローンで撮影した黒岩”の続きを読む】

スマートフォンを手にして野外を歩こう

スマートフォンでグーグルマップを開いてください。下のマップ画面右上の四角をクリックするとグーグルマップで開きます。自分がいる場所が青丸で表示されます。近くのポイントをクリックすると写真や説明が表示されます。好きな地点を目指してください。徒歩でも車でも。


浅間山の1783年噴火。鎌原土石なだれで押し流されてきた黒岩を探そう。



2万4300年前に浅間山が大きく崩壊した。赤岩と流れ山を探そう。



前橋高崎地域の自然史を知ろう。





【“スマートフォンを手にして野外を歩こう”の続きを読む】

屏風ヶ浦の海食崖から読み取る自然史

千葉県の犬吠埼から刑部(ぎょうぶ)岬まで、太平洋に面して高さ50メートルの断崖が10キロに渡って続いている。屏風ヶ浦と呼ばれる海食崖である。太平洋の荒波で下総台地が削られて生じた。

DJI_0905.jpg
屏風ヶ浦の海食崖。遠景は犬吠埼。

DJI_0895.jpg
刑部岬の向こうに九十九里浜が見える。

この海食崖に現れた地層を刑部岬の近くで観察してみよう。最上部5メートルは関東ローム層からなる。風で運ばれてきた土埃が草地に少しずつ降り積もってできた地層だ。その下に黄褐色の砂層がある。厚さは20メートル。香取層という。地層の縞模様がうねっていることから、いまの九十九里浜のような砂浜でできたことがわかる。12万年ほど前にここにあった砂浜だ。香取層の下には灰色の泥層がある。これは飯岡層という。深い海の底に堆積した地層で、屏風ヶ浦の下30メートルをつくる。最上部の年代は70万年前だ。

DJI_0808.jpg
高さ50メートルの海食崖に露出する地層

海食崖に露出したこの3枚の地層から、この地域で過去にどのような自然の営みがあったかを復原できる。それは、氷河性の海水準変動と土地の隆起を考察することによって可能となる。

12万年前は、いまと同じような暖かい時代だった。地球はそのあと寒冷化して、大陸に降った雪が氷河となって海に戻らなくなり、海面がしだいに低下し始めた。海岸が沖に遠のいて、干上がった海底が露出して砂浜ができた。海面は最終的にマイナス100メートルまで下がった。そのときの海岸線はいまより10キロほど沖合にあった。千葉県はいまよりずっと広かったのだ。

ここに露出する厚さ20メートルの香取層は、海が退く過程で、犬吠埼と刑部岬を結ぶ線が砂浜だった1000年くらいの短い時間で堆積した思われる。海が沖に遠のいて完全に陸化すると、地表に植物が生えて砂の移動は終わり、風で運ばれてきた土埃がそこに捕獲されて関東ローム層が堆積した。

前回の氷期は2万年前に底を打った。地球が温まるにつれて氷河から融け出した水が海に戻って海面を上昇させた。波浪による浸食が内陸に向かって進むに従って高い海食崖が現れた。海が退いていたあいだに土地が隆起していたからだ。いまの海面は12万年前と同じ位置にあるから、海食崖の高さ50メートルが12万年間に隆起した量だ。1万年あたり4メートル。ほぼ同じ時間で堆積した関東ローム層の堆積速度の10倍速度だ。

12万年前、飯岡層が海面に現れる前も、ここの海底は同じような速度で隆起していたのだろう。水深1000メートルだったとすると、60万年かけて海底が海面まで上昇するのに要する隆起速度は、1万年あたり16メートルになる。ちょっと大きいな。何かが考え足りていないのだろう。

オーシャンエントリーを目指す


2017年3月2日

富士山の雪代


須走にある富士山グランドキャニオンの解釈は2通りある。富士火山地質図(第2版、2016)は「ほぼ連続的に重なる降下スコリア堆積物からなる」と書くが、小山真人(岩波新書、2013)は「噴火で降り積もったスコリアもあるが、大部分は泥流や雪代で運ばれたスコリアや砂と考えられる」としている。私は後者だと思う。

この泥流はスラッシュなだれとも呼ばれる。地元では雪代(ゆきしろ)と呼ばれている。斜面に積もった雪が大雨や暖気によって融けて、大量のスコリアとともに斜面を一気に下る現象である。北麓の富士吉田市は雪代がつくった広い緩斜面の上に成立している。

CwPTJ5sVIAAoQMA.jpg
斜交層理が2ヵ所で観察できる。上から降り積もったのではなく、流れが残した堆積物であることがわかる。
【“富士山の雪代”の続きを読む】

富士山の登山道は、2900年前の大崩壊の両側につけられている。

fujiice2_20161210150526137.png
横浜市内から遠望した@fujiyamao さんの富士山写真に加筆した。須走口登山道(白)は2900年前の崩壊を免れた硬い溶岩の上につけられている。いっぽう下山道とブルドーザー道(赤)は、崩壊後の噴火でできたスコリア斜面につけられている。

hokai.png
富士山は、スコリアが降り積もった東斜面が緩くて登りやすいはずだが、2900年前の崩壊後に作られたスコリア斜面は登りにくいため、崩壊し残った両側に登山道が付けられている。スコリア斜面は駆け下る砂走りとブルドーザー道に利用されている。

【“富士山の登山道は、2900年前の大崩壊の両側につけられている。”の続きを読む】

富士山の氷河(第3回調査報告)

fujiice4.png


fujigmap3.png
富士山宝永火口付近の地質図

fujiice2_2016111209223333c.png
御殿庭と宝永第三火口は氷河が残したモレーンである。ドローン写真

Cwj8CgaVQAAzPWG.jpg
モレーンの上はこういった風景が広がる。地上写真。東側、標高 2150 m。淡色の岩塊はモレーンから洗い出された。暗色の火山れきは1707年噴火のときに、ここに薄く降り積もった宝永スコリア。

P1070233.jpg
西側モレーンの上。1メートルの大きな白い岩塊。やや丸い。 標高 2120 m。

考察 私がモレーンだと思う部分を、富士火山地質図(第2版、2016)は宝永スコリアと西二ツ塚スコリア丘に塗っている。現地で地層断面を見ると、スコリア丘ではない。タフリングの可能性はあるが、それにしては火口が小さすぎる。富士山でタフリングは知られていない。こんな高所にはできそうもない。

もしタフリングなら、岩塊は空中を高く飛行して着弾したわけだから地表にインパクト構造(ボムサグ)があってしかるべきだが、一切ない。タフリングだとすると、最大傾斜の方向に細く排水しているのが説明しにくい。モレーンだとうまく説明できる。ハワイ島マウナケアのモレーンととてもよく似ている。

なぜ南側だけにあるか。宝永噴火のために森林限界が下がって地形が見やすい。御殿庭の下にもモレーンは続いているようだが、森に覆われるとよくわからなくなる。東は2900年前に崩壊して失われたが、北と西にはモレーンがあってもよさそうだ。

北と西の森林限界より上は、須走b期(5600年以降)の溶岩にモレーンは覆われてしまった。宝永火口北壁に露出する溶岩を富士火山地質図は須走b期に塗っているが、もっと古いとみられる。モレーンに覆われている。もし北と西の森のなかを調べてもモレーンがない場合は、宝永火口付近が窪地でそこだけで氷河が涵養されたと考える。

宝永山赤岩そのものがモレーンではないかと双眼鏡でじっくり観察したが、否定的結論だった。赤岩が富士山全体と不調和な形をしているのは、氷河に削られたからだろう。

【“富士山の氷河(第3回調査報告)”の続きを読む】

御殿場土石なだれから宝永スコリアまで


富士山は2900年前に御殿場側に崩壊した。現在の山頂の東半分が食われた。そのあと600年間、山頂からせっせと噴火してほぼ修復してもとの優美な円錐形にもどった。2300年前だ。そのあと2000年間、富士山は山腹から静かに溶岩を出した。そして1707年、宝永火口から大爆発した。 (水土野交差点の南西500メートルの道路工事現場)
次のページ

FC2Ad