風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

古嬬恋湖と国境平

tumagoiko2.png

浅間山の北側に、25万年前から17万年前までの8万年間だけ存在した大きな湖。湖底堆積物の間に鳥浜火山灰と空沢軽石と石津原軽石を挟む。湖の水面は現在の標高920メートル付近にあった。湖底堆積物がいま地表に露出する領域を濃く着色した。

hanamagari.png

鼻曲山は、ケスタ地形に見えるけど、そうなんだろうか?北軽井沢上空 200 m から南を見た。右端は小浅間山。

gmap.png

グーグルマップで見ると、こんな地形をしている(南が上)。鼻曲山から西へ浅間山に伸びる県境は本州の脊梁だ。なのに平らで、白糸の滝あたりには湖成粘土層が厚く堆積している不思議な場所。国境平という。東側は、碓氷峠で知られる断崖絶壁。関東平野に落ちる。

20万年前の嬬恋湖の水面が920mにあって、白糸の滝の粘土層(白糸軽石を挟むから2万年前)の下にその湖の堆積物があると考える。いまの標高1300mとの差は400mだ。2万4300年前の塚原土石なだれとその上に重なる粘土とテフラとレスの厚さが100mだとすると、300m隆起させないといけない。隆起速度は1.5 mm/年だ。そんなに無謀な数字ではない。

嬬恋湖の水面が920mは、確たる証拠があるわけではない。嬬恋湖成層の分布から湖底の標高はわかるが、水面の標高は正確にはわからない。嬬恋湖成層の最高高度が水面標高の下限を与える。
【“古嬬恋湖と国境平”の続きを読む】

小瀬温泉付近の基盤地形と、表面をおおう新しい軽石



竜返の滝は、一枚の厚い溶岩流の上にかかる。湯川の谷の中に、この溶岩がつくった台地が南北1000メートル、東西300メートルに渡って続いている。この溶岩は浅間山より古いが、東側の鼻曲山をつくる第三紀の地層より新しいと思われる。




小瀬温泉料金所を出てすぐの道路脇には、浅間山から降り積もった軽石が厚く露出している。1783年軽石は基底まで露出している。その下に、クロボクを挟んで、1108年スコリアがある。この写真では崩れ落ちた土砂に埋まっているが、土砂を取り除けば、その基底まで観察することができる。そして、もう一度クロボクを挟んで、3世紀末のC軽石まで確認することができる。

南西部における浅間山の基盤は第三紀の小諸層群

御牧原の丘陵をつくるのは第三紀に堆積した小諸層群である。火山角礫岩やよく成層した砂泥からなる。海ではなく淡水の底に堆積した地層だという。



小諸層群は千曲川の右岸にも露出する。これは、中棚鉱泉の東、総合体育館の北側の大きな露出だ。中段に挟まれる厚い地層は火砕流の堆積物のようだ。塚原土石なだれとそっくりなみかけを示す部分もあるが、固結度が高いこと、冷却節理が見られること、厚いローム層に覆われていることなどの特徴によって区別できる。

糠塚山は、その西部の繰矢川沿いで火山角礫岩を露出するから、小諸層群の一員である。760.2メートルの三角点がある加増の高まりは、その位置と地形から判断して、小諸層群ではなく黒斑山の一部であろう。

高羽根沢の嬬恋湖成層

P1030095s.jpg


P1030102s.jpg

高羽根沢の右岸の下半分と左岸全体は嬬恋湖成層がつくっています。上の二つの写真はどちらも右岸です。平原火砕流が上を覆っています。

嬬恋湖成層は、石津原軽石と空沢軽石を挟みます。25~20万年前に標高850~950メートル地点に堆積した地層です。白砂川との合流点付近で吾妻川が堰き止められて、比較的大きな湖が生じたようです。三原と応桑にも分布しています。

古い土石なだれ

下松原開拓に、塚原より古い土石なだれの堆積物が露出しています。



左下に見える青灰色の岩体がそうです。

P1020722s.jpg

近づくと、このように見えます。破砕された火山岩からなります。これは、高羽根沢に露出する嬬恋湖成層中に挟まれている土石なだれに相当すると思われます。23万年前です。

上ノ原の土取場、それから鎌原小学校の西側の丘も、この古い土石なだれが残した流れ山だと思われます。

P1020715s.jpg

嬬恋軽石の下90センチ(一番上の写真の矢印部分)には、直径2ミリの白色軽石が厚さ16センチで認められます。粒径から考えて、これは浅間山の軽石ではなく、やや離れた火山から飛来したものと思われます。

【“古い土石なだれ”の続きを読む】

FC2Ad