FC2ブログ

風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

津南の河岸段丘(地上写真とドローン写真の比較)

D6gfX0FUYAACaFW.jpg
津南町石落としの地上写真。砂礫からなる魚沼層群の上に、苗場山の溶岩が重なる。溶岩が流れたのは30万年前。そのあと中津川が330メートル深く浸食した。隆起速度は1ミリ/年だ。


ドローン写真。溶岩の表面が見える。もう少し高度を上げて撮影すれば、段丘平坦面の上に流れ広がった溶岩の末端崖がはっきりする。

D6gfg_8UYAApCUn.jpg
川の展望台からの地上写真。中津川は、信濃川に合流する津南で顕著な河岸段丘をつくっている。

D6cVLc_V4AA3PWA.jpg
ドローン写真。緑の林で強調された段丘崖だけでなく、水田が広がる段丘面も見える。

【“津南の河岸段丘(地上写真とドローン写真の比較)”の続きを読む】

眉山崩壊と土石なだれ


島原市の眉山は、1792年5月21日の地震で崩壊して土石なだれを発生させた。有明海を挟んで対岸を津波が襲って1万5000人の死者が出た。島原大変肥後迷惑としてよく知られる。有明海に浮かぶ九十九島(つくもじま)はそのときつくられた流れ山である。眉山の背後は平成新山。
 この地震の3ヵ月前の2月10日から雲仙岳が噴火して新焼溶岩を流した。桜の季節に住民が新焼溶岩の前で花見を楽しんだという。このため眉山崩壊は火山災害として語られることが多いが、じつは地震災害である。新焼溶岩とその噴火口は崩壊していない。

榛名富士と二ッ岳


榛名湖は、5万2000年前に火砕流が拡大した火口の中に雨水がたまってできた。南北2 km x 東西3 kmの楕円形火口の東半分を占める榛名富士は3万5000年前にできた溶岩ドームである。崖錐斜面がぐるりと取り巻いていてスコリア丘のように見えるが、頂部に火口はなく溶岩が露出している。浅間山の噴火で降り積もった軽石に厚く覆われているのでガリーが深く切り込んでいる。遠景は、左から浅間山、四阿山、そして草津白根山。さらに遠くに乗鞍岳と北アルプスが見える。


Dzp5z70U8AA3nGb.jpg
二ッ岳は1500年前に出現した溶岩ドームだ。直前に伊香保軽石を噴出した火口の中に上昇してきて盛り上がった。浅間山の軽石に覆われていないから溶岩ドームの地形が新鮮だ。右下のオンマ谷は火口を埋めきれずに残った窪地。中景右は9500年前に出現した水沢山溶岩ドーム。中景左は伊香保温泉街。遠くは子持山と赤城山で、榛名山との間に吾妻川と利根川が右に(南に)向かって流れている。赤城山の左背後は武尊山。

【“榛名富士と二ッ岳”の続きを読む】

佐久市根々井の流れ山


ドローン写真

C6695QdV0AI07j-.jpg
地上写真

(2017年3月13日撮影)

地上写真のほうが、火山が崩壊して流れ山ができたことをうまく表現できているように思われる。かならずしもいつもドローン写真の表現力が上回るわけではなさそうだ。

沼田のドローン空撮

DyIYPHgU8AAfMF6.jpg
弧を描いて片品川を渡る関越自動車道。正面は子持山。


下流から上流を望む。左は武尊山。

DyIYt6EUYAEszaz.jpg
段丘の上に隙間なく広がった沼田市街地

DyIYg-cVAAAIRkL.jpg
沼田段丘-片品川-赤城山(パノラマ)

阿蘇のドローン空撮


高岳と中岳火口。火口内には湯だまりがある。その表面から青白い煙が上昇して右にたなびいている。

DvQibxGVYAAZN4N.jpg
烏帽子岳と草千里火口。遠くに雲仙岳。

【“阿蘇のドローン空撮”の続きを読む】

岩手山と北上川

DtdsFs6U4AEO0pi.jpg
渋民を流れる北上川と岩手山。


岩手山は6900年前に崩壊して平笠土石なだれを発生させた。多数の流れ山が見える。パノラマ。クリックすると大きくなります。

DtdsP7DUUAA8MUN.jpg
岩手山、北上川、姫神山。パノラマ。クリックすると大きくなります。

DteNE3dU0AAK1rI.jpg
盛岡市内を流れる北上川。左から合流するのは雫石川。背景に岩手山。中央左寄りに新幹線盛岡駅の大きな駅舎が見える。

新燃岳のドローン写真

DrPkhVXU4AIXE5l.jpg
新燃岳火口を埋めた2018年3月溶岩とその中央に開いた噴火口。遠景は高千穂峰。


黄色い。

DrPkM3mUwAA8Qui.jpg
新燃岳山頂火口から2018年3月に溢れ出た溶岩

【“新燃岳のドローン写真”の続きを読む】

えびの高原のドローン写真

DrR9F5lU0AA6sth.jpg
えびの高原、硫黄山全景

DrN7XEJUcAUln9b.jpg
もっとも活発に水蒸気を上げているところ

DrN7SDPV4AAGkQQ.jpg
えびの高原を通過する県道に2018年4月にできた噴火口

【“えびの高原のドローン写真”の続きを読む】

高岩と浅間山


上信越自動車道を碓氷軽井沢インターチェンジで出ると、すぐ北側にそびえる岩山が目を引く。高岩だ。いまから1000万年前、新第三紀と呼ばれる時代に海底で火山が噴火してできた地層が、その後隆起して山になった。遠景に、いま山頂火口から煙を吐く浅間山。

ドローンで見た浅間山湯の平

DqG-JppWkAAKkZg_20181023093541a7f.jpg
虎ノ尾と三ツ石。右端にJバンドの下り。2018年10月22日、DJI Mavic 2 Pro

DqG9zNJWsAANzIs_20181023092712226.jpg
湯の平には、浅間山のブルカノ式爆発で飛んできた火山弾がつくった衝突クレーターに水が溜まった池がある。

360.png
球面パノラマ(画像をクリックしてください)

【“ドローンで見た浅間山湯の平”の続きを読む】

DJI ドローンの新しい撮影機能

2月に発売されたDJI Mavic Airには新しい撮影機能が3つ搭載されている。どれも、複数の画像を自動で撮って合成する仕組みだ。球面パノラマは、25枚の画像をつなぎあわせる。真下は撮影できるが、真上は撮影できない。(と思ったが、アプリのバージョンアップだったので、Mavic Proでも、Sparkでも、Phantomでもできるようになってる)

▼球面パノラマ
060.png  sg62.png

▼180度パノラマ
Dg1s6kQU0AMfJ4-.jpg

▼垂直
Dg1tDxaU0AA7Usg.jpg

草津白根山にできた新しい火口は3ヵ所

南伊豆の火山岩


爪木崎俵磯の柱状節理(下田市) P4A

DdJmmNAV0AI5tJ1.jpg
子浦の蛇下りダイク(南伊豆町) P4A

姨捨の棚田


田毎の月で知られる姨捨の棚田(長野県千曲市) MA
次のページ

FC2Ad