風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

押切端の森を流れる地蔵川

IMG_3772.jpg
1783年8月の浅間押しをギリギリ免れた押切端(おしぎっぱ)の森を流れる地蔵川。夏休みになると、この涼しい小川で子どもたちが水遊びに興じる。地蔵川は1108年8月の追分火砕流が残した地層の上を南から北に向かって流れる。地層の厚さは10メートルほど。河床は追分火砕流の中にほとんど留まるが、ふれあい広場の西の地点69では追分火砕流の基底(すなわち平安時代の地表面)を掘り込んで、カラフル火山灰まで達している。

ワシントンDCの地下鉄はコンピュータ運転

数時間前にワシントン地下鉄レッドラインの地上部分で追突事故が発生して、多くの死傷者が出たそうです。私は半年間オレンジラインをよく利用しました。そのとき、この地下鉄の運転手が実は運転していないことに気づきました。以下、2009年2月24日の日記から。

スミソニアンの同僚が「メトロの運転手は運転していない。運転は司令室のコンピュータがしている」と言っていたのを思い出して、きょうの帰りに運転席の後ろに陣取って観察しました。彼が言ったことは本当でした。運転手は運転していませんでした。

彼女がしていたのは、ドアの開閉だけ。列車が止まると窓から顔を出して後ろを見てドアを開ける。ドアを閉めると列車が動き出す。列車の動きと彼女の動作に因果関係はまったく認められませんでした。彼女はドア閉めボタンを押しただけなのに、彼女はまだ運転席に着席していないのに、電車が動き出しました。

運転席は、進行方向右側にあります。右側通行ですから、線路の両脇にホームがある駅はよいのですが、島ホームの駅はたいへんです。止まると、急いで左側に行って窓から顔を出してドアの開け閉めをします。そして急いで運転席に戻ります。ちょっと滑稽です。こうして彼女が運転席に戻る前に、列車が動き出したのです。動かぬ証拠です。

コンピュータ制御だから走行がスムーズでなくて、ぎくしゃくするのでしょう。こう考えると、人間の能力はなかなか捨てたもんじゃないな。人間に運転させないのはどんな理由からなのだろうか。人間に運転させて、万一のときにコンピュータで停めるATSのほうが優れたシステムだと思う。

列車の最後尾に車掌はいません。ワンマン走行です。

群馬の稲麦二毛作


群馬では、いま麦を刈り取って稲作の準備に取り掛かっています。田植えまでにはもうしばらくかかって、6月下旬になります。近隣の新潟や長野と比べると、1ヵ月以上遅くなります。刈り取った麦に火を入れてあったので、農夫にその理由を尋ねました。理由を二つ教えてくれました。ひとつは雑草を殺す効果。もうひとつは「浮いちゃうんだよね」とのこと。そのまま水田にすると、麦が水面に浮いてしまうのだそうです。高崎市大類。

FC2Ad