風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

30年後の十和田湖

十和田湖は、私が博士論文を書いた火山である。足しげく通った当時から30年が経過したいま、ひさしぶりに訪れた。



八戸火砕流堆積物(L、1万5000年前)の中を貫くシルトダイク。下の八戸火山灰が地震に揺られて液状化したとみられる。ダイクの壁際が変色しているから、火砕流堆積物がまだ熱いときにダイクができたと見られる。この露頭は。30年前のままの状態でよく保存されていた。新郷村立野沢中学校入口。

P1030789.jpg

八戸火砕流と大不動火砕流(N、3万年前)の間に斜めに入る八戸火山灰。八戸火山灰の基底に1万5000年のタイムギャップがある。新郷村石ヶ森。十和田湖の東方にあたるこの地域は新しい地層の露出がよくて、火砕流の堆積物とその上に乗る軽石がよく見えて、30年前とても助けられた。原付バイクによる調査が能率的に進んだ。しかしいまは、当時の露出はほとんどなくなっていた。ここ石ヶ森だけ、かろうじて以前の露出のよさを保っている。左上に、中セリ軽石(C、6300年前)と南部軽石(E、9500年前)が載っている。

P1030050.jpg P1030052.jpg P1030798.jpg

迷ヶ平の栗山ケイセキの土砂採石現場でみられる大湯軽石(A、1100年前)、青バン(B、1900年前)、宇樽部火山灰(C)。宇樽部火山灰には火山豆石が多数含まれている。火山灰の堆積後、地表に湿原ができたようだ。真っ黒な泥炭が堆積している。宇樽部火山灰の直下の中セリ軽石はとても厚くて、250センチほどある。ピットが南部軽石(E)まで掘り込んでいた。

【“30年後の十和田湖”の続きを読む】

峰の茶屋の1783年軽石と1108年スコリア


1783年軽石の下に、厚さ20センチのクロボクを挟んで、1108年スコリアが重なる。

P1030705.jpg
追分火砕流から降り積もった赤色火山灰の上面が浸食されて、その上にBスコリア上部が載っている。この浸食面に、中右記が書く4週間のギャップがある。これほど下まで見えたのは、ひさしぶりだ。いつも重機で掘ってくれる東大地震研究所に感謝。

P1030699.jpg
露頭全景。広くはない。同時に観察できるのは5-6人まで。

鬼押出し横断コース調査による地質図修正

2014oni.jpg
2010年10月3日修正、2014年6月17日製図
・鬼押出しスキー場跡地の上にC火砕流Cigを広く図示した。
・鬼押出し溶岩の上に載る吾妻火砕流の面積を大きく広げた。
・鬼押出し横断ルートを図示した。

pdfファイルもあります(13MB)。

鬼押出し横断、2014年5月31日

 013.jpg
鬼押出し溶岩の上に載る吾妻火砕流

016.jpg 017.jpg
(左)鬼押出し溶岩の中央を流れ下る砂礫。鬼押出し溶岩より古い前掛山斜面が水流で移動した。
(右)山頂火口から放出された火山弾。火口縁の千トン岩が遠くに見える。

022.jpg 024.jpg
(左)鬼押出し溶岩の西縁。情報に釜山スコリア丘の西端が見える。
(右)火山弾がつくったクレーターの地表には天明軽石が散乱している。
【“鬼押出し横断、2014年5月31日”の続きを読む】

FC2Ad