風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

空中から見た草津白根山

DJI00217.jpg DJI00202.jpg DJI00201.jpg
4800年前の噴火でできた本白根山の火砕丘列とそこから流れ下った殺生溶岩。流れの両側に顕著な溶岩堤防がつくられている。遠景は浅間山。2014年10月26日

DJI00208.jpg DJI00205.jpg
武具脱の池。谷に流入した殺生溶岩が水蒸気爆発を起こしてつくった二次爆発孔である。安山岩溶岩の表面には大きなしわ模様が見える。遠くに草津温泉街。2014年10月26日

DJI00085.jpg
嬬恋村仙之入は、草津白根山から50万年前に流れ出した太子火砕流がつくった台地の上にある。何度も経験した氷期の凍結融解作用によってゆるやかに波打った地形をなす。北海道の富良野と同じ地形だ。富良野の波状地形は十勝岳から100万年前に流れ出した火砕流の表面だ。2015年3月21日
【“空中から見た草津白根山”の続きを読む】

空中から見た浅間山


鬼押出し展望台

DJI00177.jpg DJI00183.jpg DJI00188.jpg DJI00193.jpg
見晴台

DJI00185.jpg DJI00181.jpg
六里ヶ原休憩所

DJI00249.jpg DJI00245.jpg DJI00098.jpg
鎌原観音堂。天明三年七月八日午前10時、浅間山中腹にあった柳井沼から発生した土石なだれが平原火砕流台地の上を高速で北に走った。その流れは、台地を切り込んだ谷間にあった鎌原村に集中して100軒の家と500人を一気に押し流した。画面右下が鎌原観音堂。

DJI00380.jpg DJI00260.jpg DJI00261.jpg DJI00266.jpg
DJI_0021.jpg
プリンスランド・ロータリーの黒岩

DJI00293.jpg DJI00305.jpg DJI00109.jpg DJI00147.jpg CD-_E34UgAAtYcu.jpg

応桑の流れ山

DJI00321.jpg DJI00362.jpg
押切端と王領地の森

DJI00036.jpg
佐久市立中佐都小学校そばの勝手石。塚原土石なだれの流れ山。左の高架は新幹線。

【“空中から見た浅間山”の続きを読む】

浅間山頂火口底 2014年10月11日

 026.jpg

・火口底の様子を2013年10月19日と比較してください。

020.jpg 045.jpg

065.jpg
蛇堀川の紅葉

FC2Ad