風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

天明三年黒岩のグーグルマップ


1783年8月2日頃から、高いプリニー式噴煙柱が山頂火口の上に維持された。そこからA軽石が南東に降った(地図中の楕円は厚さ50センチ)。同時に鬼押出し溶岩が北側に流れ下った。4日午後、吾妻火砕流が発生した。5日10時、鬼押出し溶岩の先端で爆発が起こって鎌原熱雲と土石なだれが発生した。土石なだれは吾妻川を下る過程で熱泥流に転化して、利根川に入り、江戸と銚子に達した。土石なだれと熱泥流が運んだ鬼押出し溶岩の大きな破片を黒岩と呼ぶ。赤丸で示した。南麓の沓掛泥流は8月4日に流れた。

death1783.png
村ごとの死者数。大笹村名主だった黒岩長左衛門の『浅間山焼荒一件』によると、翌天明四年七月、善光寺から受け取った経木を吾妻川の各村に死者の数ずつ配ったという。それを集計すると、1490人になる(萩原2.99-105)。これに軽井沢宿の死者2人を足して、合計1492人が天明三年噴火の死者数である。

赤 100- 
橙 30-99 
黄 10-29 
緑 1-9 
白 0 

原町と中ノ条町での死者はいない。利根川に合流する手前で死者が増える。川島村で123人、北牧村で53人。坂東橋より下流で死者はいない。
【“天明三年黒岩のグーグルマップ”の続きを読む】

塚原土石なだれのグーグルマップ

tukabara.png
浅間山が2万4300年前に崩壊して発生した塚原土石なだれの分布。浅間山から東に伸びる楕円は崩壊直後のBP2軽石(50cm)
赤岩
流れ山
堆積物断面
【“塚原土石なだれのグーグルマップ”の続きを読む】

阿蘇の中岳火口底と野焼き


阿蘇中岳火口底の湯だまりはほぼ干上がっていた。2016年3月6日。

DJI_0020.jpg
2015年9月14日火砕流が地表に残した火山灰。

DJI_0977.jpg
南阿蘇村長野で見た野焼き。
【“阿蘇の中岳火口底と野焼き”の続きを読む】

秩父盆地のようばけと長瀞岩畳

DJI_0942.jpg
長瀞の岩畳。三波川変成帯の硬い結晶片岩を荒川の流れが削ってつくった。


小鹿野町のようばけ。赤平川の右岸に新第三紀の地層が大きく露出している。カニ化石が出る。1500万年前、秩父盆地は海底に沈んでいた

DJI_0957.jpg
ようばけに面しておがの化石館がある。中央左下の駐車場のある建物。遠くの秩父市街地との間に40万年前につくられた平坦面である尾田蒔(おだまき)丘陵が広がる。そこにはいま秩父ミューズパークがある。

【“秩父盆地のようばけと長瀞岩畳”の続きを読む】

浅間山から高崎と伊勢崎に届いた赤岩

高崎の赤岩は烏川の河原にあるが、烏川を下ったのではない。2万4300年前の浅間山崩壊で吾妻川を下った土石なだれが渋川で利根川に合流したあと、関東平野の上に展開した。

02gunmahazard06.png
聖石。1998年頃の地上写真。

DJI_0907.jpg
赤石

DJI_0877.jpg
川籠石(こうごいし)


伊勢崎の赤岩は広瀬川の河原にある。

P1050239.jpg

P1050238.jpg
龍神宮

【“浅間山から高崎と伊勢崎に届いた赤岩”の続きを読む】

FC2Ad