風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

浅間釜山と霧島御鉢はよく似ている。


浅間山の釜山スコリア丘(右)と霧島山の御鉢スコリア丘(左)のほぼ同一縮尺比較。よく似ている。釜山スコリア丘は360度ぐるりあるが、御鉢スコリア丘は溶結層が西側で欠けている。そこから大量の溶岩が流れ出た。いっぽう釜山スコリア丘は鬼押出し溶岩が北側基底を破って流れ下った。

ohati.png
御鉢のグーグルマップ3D

kama.png
釜山のグーグルマップ3D

・浅間山1783年溶岩(鬼押出し)は3億トン(M4.5)
・霧島山1235年溶岩(御鉢)は2億トン(M4.3)。

【“浅間釜山と霧島御鉢はよく似ている。”の続きを読む】

ドローンで見た浅間火口内壁


浅間山、2017年5月21日の火口底。手前に千トン岩。

2521.jpg

DCABwprUQAEE7VI.jpg

1783年噴火で鬼押出し溶岩は釜山スコリア丘の基底を破って北山腹を流れ下った。いま西之島でスコリア丘の基底を破って大量の溶岩が流れ広がっているの同じである。

1783年噴火で鬼押出し溶岩が北側にだけ流れ下ったのは釜山火口縁の北側が低かったから、は正確でない。釜山スコリア丘が乗った前掛火口縁の北側が低かったから、が正確だ。前掛火口は1108年噴火でできた。舞台溶岩は北側にだけ流れている。そのときから北側が低かった。いまも北側が低い。

1783.png



【“ドローンで見た浅間火口内壁”の続きを読む】

FC2Ad