FC2ブログ

風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

2900年前の崩壊で失われた富士山頂火口縁の特定

御殿場土石なだれをつくった2900年前の富士山崩壊は山頂火口縁まで届いた。いま山小屋がある吉田口と御殿場口・富士宮口のあいだの、火口中心から見込んで120度の火口縁がすっかり崩れた。富士山はそのあとすぐ、2300年前までの600年間で山体を再構築した。新しい山体も古い山体も2300年前の湯船第二スコリアに一様に覆われている。

izudake.png
グーグル・ストリートビュー

吉田口山小屋と御殿場口・富士宮口山小屋が山頂火口縁のその位置にあるのは、再構築した新しい山体と古い山体が接合した部分に広い平坦面をもつ鞍部ができたからだ。崩壊し残った古い山体の縁に沿って登山道がつけられたこととも関係するだろう。

山頂火口縁まで切り込んだ2900年前の富士山崩壊の傷跡を、グーグルマップ3Dを利用して3方向から見た。

gotenba.png
南東から

yosida.png
東から

osawa.png
西から

【“2900年前の崩壊で失われた富士山頂火口縁の特定”の続きを読む】

ツイばむ

草津白根山にできた新しい火口は3ヵ所

FC2Ad