FC2ブログ

風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

2018年8月のハワイ島

(写真をクリックすると拡大します。)

Dlx-GX7V4AAHLML.jpg
コハラから見たマウナケア、マウナロア、フアラライ。iPhoneパノラマ

DlyC03BV4AAOyRH.jpg
マウナロア、マウナケア山腹のスコリア丘群、ワイメアの街。iPhone

DJI_0116_20180901065133b1f.jpg
サドルロードからマウナケアに向かってアクセス道路が伸びる。手前はマウナロアの1935年溶岩。Mavic Pro

DlpkYF6UUAAuvHo.jpg
ハレポハクにある3つのスコリア丘と、その上の急坂をつくる氷河関連堆積物。Mavic Pro

DlyhOUAU8AEtcSv.jpg
サドルロードから見たモレーン。富士山御殿庭モレーンとそっくりだ。iPhone

【“2018年8月のハワイ島”の続きを読む】

「浅間火山北麓の2万5000分の1地質図」の第三版ができました。



第三版の主な修正点
・浅間園南側と鎌原村北側の色塗りを変更した。
・鬼押出し溶岩の上に吾妻火砕流を大きく塗った。
・鬼押出し溶岩は、釜山の裾を破いて北に流れたことを表現した。
・舞台溶岩ハイキングコースと浅間牧場ハイキングコースを追加した。
・QRコードでドローン動画にリンクした。

電子ファイルを公開します。ダウンロードして自由にお使いください。

紙地図は次で購入できます。1部500円(税別)
・現地では、浅間火山博物館
・前橋では、紀伊國屋書店
・ネットでは、きつねの雑貨屋さん

釜山火口の球面パノラマ

Dk7kKUfU8AAA0FX.jpg
1783年噴火でできた釜山スコリア丘は、千トン岩の真下が一番低い。溶岩はそこでスコリア丘の裾を破って前掛山の北斜面を流れ下った。山頂火口の筒直径は 330 m、火口縁の高低差は 70 m、最低火口縁から火口底までは 150 m。1783年噴火直前の前掛山火口底は標高 2350 m 付近にあった。

鬼押出し溶岩が北側山腹にしか分布しないのを私は、火口縁の最低所から溢れ出したと長いこと表現していた。千トン岩が鎮座する縁が山頂より70m低いので、そこから溢れ出したと思っていた。しかしそれは違っていた。

鬼押出し溶岩は、釜山スコリア丘の裾を破って北に向かって流れた。噴火前の前掛山火口縁の北側が低かったからだ。火口内壁に露出する1783年溶岩は、噴火前の地形に沿って 40 m ほど上下するが、厚さは 20 m ほどで一様である。鬼押出し溶岩が北に流れ出しているときの火口内溶岩湖面は、千トン岩の真下のスコリア丘/溶岩境界より 40 m ほど高いところにあっただろう。

asama50.png
球面パノラマ。DJI Mavic Airで2018年8月19日に撮影。

FC2Ad