FC2ブログ

風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

磐梯山のドローン空撮


磐梯山頂と1888年崩壊壁。

D9-it4nVUAA52M0.jpg
1888年崩壊凹地と土砂がせき止めてつくった檜原湖、小野川湖、秋元湖。磐梯山頂に大勢の登山者が見える。

D9-j3a_UYAAzlfh.jpg
逆断層のある縞々。
【“磐梯山のドローン空撮”の続きを読む】

磐梯山の球面パノラマ


1888年7月15日に崩壊した磐梯山。130年が経過したいま、崩壊壁の崖錐斜面の成長は緩やかになって緑の侵入を許している。檜原湖などの裏磐梯にある湖沼群はこの崩壊土砂でせき止められて生じた。現在の双耳峰は、磐梯山頂(右、1816m)と櫛ヶ峰(左、1636m)。両峰の間に猪苗代湖が見える。

十和田湖のドローン空撮


御門石は十和田湖の水面にわずかだけ顔を出す溶岩ドームだ。1万5000年前より新しいが、いつの噴火でできたかわかっていない。湖岸のピークは御鼻部山。

D953npJUwAA8J8I.jpg
接近すると、複数の鵜が休んでいた。

【“十和田湖のドローン空撮”の続きを読む】

地質図と絵本で表現した物語

D80tWC5UcAAgP6W.jpg 福音館書店から2019年6月12日発行

火山がいつどんな噴火をしたか明らかにすることは、究極的には、できない。できるのは、多くの観察をして、それらすべてを満たす合理的な物語を組み立てることまでだ。地質図を描くと、組み立てた物語が時空間で矛盾しないかを検証できる。

物語を絵本にすると、細部まで徹底的に検証することになる。物語にリアリティが注入されて、事実に肉薄していく。地質図と絵本で表現された物語は、よく反証されうる。反証に耐えるかどうかでその物語の信ぴょう性がはかられる。再現可能性は満たさないが、反証可能性は満たす。半分科学だ。

過去の噴火を復元したいときに観察すべきは地層と地形。それから文字記録だ。噴出物の化学組成を調べてもあまり役に立たない。

01-8464_IN01.jpg
山肌を前進した鬼押出し溶岩(江戸時代、1783年8月)

01-8464_IN02.jpg
村に迫る追分火砕流(平安時代、1108年8月30日)

【“地質図と絵本で表現した物語”の続きを読む】

津南の地形

D8K1JE3XkAYvXf9.jpg

河岸段丘で有名な津南の地形は次のようにしてできた。中津川の広い河床が40万年かけて200メートル隆起した。隆起速度は0.5mm/年である。河床の上に40万年かけてローム層が20メートル堆積した。堆積速度は0.05mm/年である。隆起速度よりひと桁小さい。最上部50センチはクロボクである。

段丘が一段ではなく複数段あるのは気候変化で説明できる。氷期と温暖期がおよそ12万年周期で繰り返した。氷期は苗場山と鳥甲山から森林が失われて斜面崩壊が頻繁に起こり、大量の土砂が中津川に供給された。

D8GKDWKVUAA1nMS.jpg
高位段丘を覆う厚いローム層。ニュー・グリーンピア津南。

【“津南の地形”の続きを読む】

柳井沼の球面パノラマ


1783年8月5日10時、前日から柳井沼に流入していた鬼押出し溶岩が水蒸気爆発を起こし、そこにあった1億トンの土石が北に向かって鎌原村を襲った。浅間園から見晴らし台に向かう遊歩道は、そうして拡大した柳井沼のくぼ地の縁につけられている。だから見晴らしがよい。後続の鬼押出し溶岩が水蒸気爆発のあとも柳井沼に流入して、深さ200メートルに達したくぼ地を半ば埋め立てた。最終的にはここからさらに2キロ流れて先端は5.8キロ地点に達した。