風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

ブログとホームページの違い

いま盛んなブログが、従来からあるホームページと何が違うのか、長いことわかりませんでした。日記であるとか、トラックバックが可能とかの説明も聞きましたが、どれもブログの本質を表現しているとは思えませんでした。

他者から「ブログって何?」と聞かれると、「簡単につくることができるホームページ」としか私は答えられませんでした。この答えは、ブログはホームページの一種であるという認識に留まっています。しかしブログは、ホームページの下層概念ではなく、同列概念ではないかという気持ちをつよく感じていました。

個人がホームページをつくるには、htmlファイルを作成して、それをサーバに転送する必要があります。どちらの操作も、手元のパソコン内に組み込んだアプリケーションソフトを利用しておこないます。

しかしブログをつくるときには、手元のパソコンの中に特別なアプリケーションソフトを用意する必要がありません。アプリケーションソフトは、こっちではなくむこうすなわちサーバの側にあります。これは、いま言われている次世代インターネットWeb2.0の基本概念そのものです。

この特徴が、ブログを誰でも簡単に作成できるようにしています。ブログをつくろうとしたときに初心者が飛び越えなければならないハードルは、とても低い。ホームページ作成のハードルの高さとは比べものにならない。

むこうにおいてあるから、ブログは、自分のパソコンからだけでなく、旅先に置いてあるパソコンからでも、インターネットにつながってさえいれば、迅速そして簡単に更新できます。

こういった利便性によって、ブログは、人々が気軽に情報発信するためのツールとして確固たる地位を築きました。ふつうの人々にとって、これまでのインターネットは情報を入手する手段でした。ブログの出現によって、インターネットは情報を発信する手段にもなりました。

ブログの出現によって、いま、さまざまな業界に変化が生じています。学界だけがその変化から免れることができると考えるのは、むずかしい。


ホームページの場合、私を含めて多くのひとは、手元のパソコンにあるファイル群をサーバにミラー転送するという操作をしていると思われます。こうしていると、万一サーバのデータが失われても、手元のパソコン内のデータで復原することができます。

しかしブログの場合は、サーバにいきなり書き込むため、手元のパソコン内にコピーが残りません。サーバにトラブルがあったときのために備えて、さらには書きためたコンテンツを再利用するときのために、手元のパソコンにどのようなかたちでデータをストックするか、現時点ではユーザ個人が工夫しなければなりません。

手元に完全コピーを確保できるブログサービスは、無料の場合はみつけるのがむずかしそうです。わたしはまだみつけていません。

コメント

プログの気軽さ

ブログの気軽さというのはHTMLを書く云々よりも書き捨てであることが本質ではなかろうかと思っています。従来からのWebページは立ち上げるのはどうということはないのですが、時間が経つにつれてメインテナンスが重荷となってきます。一方、ブログは古い記事を書き換えることは技術的にはできますが、一般的にはいじらないのが普通でしょう。読む方もそれを承知で古い記事は価値が低いと考えていると思われます。従って、データの保存というのは重要ではないのでしょう。

しかし、データの保存に関しては需要がないという訳ではありません。特に引越しの際には必須です。従って、「保存」で探すより「引越し」で探す方が情報が沢山あります。無料のブログの場合はlog2mtを使ってMovableType形式を作成するのが一般的ではないでしょうか。こちらがよくまとまっています。
http://www.ma-mate.com/log/eid388.html

  • 2006/05/27(土) 13:28:03 |
  • URL |
  • 魯 #ubwH2qN2
  • [ 編集]

log2mt

申し訳ありません、確認したらlog2mtは今はもう使えないのですね。

  • 2006/05/27(土) 13:46:30 |
  • URL |
  • 魯 #G04FFjAA
  • [ 編集]

ブログのデータ保存

私は、「FC2方式でバックアップ」という機能をときどき使ってこのブログのテキストを保存しています。またアップロードした画像は、ゴミ箱に捨てないで手元のフォルダ内に収めています。この二つの操作が、万一の場合に、このブログの全内容を再構築することを保証しています。

ブログのデータ保存は、読む側はともなく、書く側にとっては重大な関心事です。古い記事の価値が低いということは、少なくとも書いた本人にとっては当てはまらないでしょう。月別アーカイブ、カテゴリーという記事整理機能がこのブログだけでなくほとんどのブログに付されていることからみて、そうだと思われます。ライフログという記事保存機能を付したブログもあります。

データ保存がしにくいのは、ブログ業者によるユーザ囲い込みが主たる動機なのではないでしょうか。他のブログに引越されたくないという利己的な理由によるものでしょう。競争原理の中で、需要が供給を招くだろうと私は楽観視しています。

  • 2006/05/27(土) 17:03:18 |
  • URL |
  • kipuka #eWKQhjJU
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pringles.blog23.fc2.com/tb.php/103-0f14d7de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad