風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

トラックバックとコメントの違い

ブログの特徴としてあげられるトラックバックが何だか、ずっとわかりませんでした。コメントを書くことと何が違うの?コメント欄に自分のページのURLを書けば、ブログ同士のつながりはできるではないか、同じではないか、トラックバックという別概念が本当に存在するの?と疑問に思っていました。

なるほど。トラックバックは自分のブログに書き込むのですね。コメントは相手のブログに書込むけど、トラックバックは自分のブログに書き込んで、書き込んだことを相手に伝えたいとき、自分のブログのトラックバック欄に相手のブログのトラックバックURLを記入する。そうすると、相手がトラックバックされたことに気づく。相手のブログに直接さわることは、ない。

歓迎されているのかいないのかわからないまま、相手の家に上がりこむのではなく、相手がトラックバックを受け付けている(歓迎している)意思があることを確認した上で、相手にメッセージを送る。これがトラックバックだ。たしかに、コメントとは違う。

コメントした文章の権利の一部は、資源を使わせてもらう相手にもあるだろうが、トラックバックは自分の側で行うことだから、文章の権利はぜんぶ自分にある。

試しに、私の別のブログからこのエントリにトラックバックしてみます。

ほら、こっちのブログは何もいじってないのに、題名の下がトラックバック(1)になった。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pringles.blog23.fc2.com/tb.php/111-5e623eba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad