風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

追分火砕流の西端

追分火砕流の西端は東泉沢の右岸に一致すると思っていましたが、ところどころで、左岸の姥が原にあふれ出していることがわかりました。



この高さ1メートルの崖は、追分火砕流の側端崖です。右側のキャベツ畑の土はしっとり黒ですが、左側の段上の土は砂礫をたくさん含む灰色です。

P1030690s.jpg

断面はこのように見えます。追分火砕流に特徴的な青黒色のパン皮スコリアがたくさん含まれていて、炭化木もみつかります。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pringles.blog23.fc2.com/tb.php/118-00b3f5b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad