風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

押切端の明るい森

地蔵川の上流域には押切端(おしぎっぱ)の森が広がっています。1783年噴火のクライマックスの前日(8月4日)、浅間山頂火口からあふれだした吾妻火砕流が六里ヶ原に広がりました。吾妻火砕流の「押し」からかろうじて免れて焼け残った森、それが押切端の森です。

押切端の森は、1108年8月30日に山頂火口から流れてきた追分火砕流の上にあります。追分火砕流は谷を埋めて、ここに平坦な土地をつくり出しました。それからまだ900年しかたっていません。新しい谷である地蔵川の切り込みはまだ浅い。

1200メートルだからブナがあってもおかしくない標高なのですが、みつかりません。若い森だからでしょう。ミズナラ、コナラ、クリなどの落葉樹が薄い表土の中に根を広げています。でも、深いところまではなかなか根が張れません。根こそぎ倒れた木を森の中でよく見ます。

押切端は、たくさんの若くて細い木々で覆われています。ここは、うっそうとした森ではなく空が透けて見える明るい森です。この森の四季を描いた美しい絵本を紹介しましょう。

森のはるなつあきふゆ―オシギッパのもりでみつけた 森のはるなつあきふゆ―オシギッパのもりでみつけた
文・岸田 衿子、絵・古矢 一穂 (1994/12)
ポプラ社

コメント

オシギッパの森

『森のはるなつあきふゆ』は、大好きな絵本です。
北軽井沢の四季をよく表しているから。

知識があると、いろんな方向から光を当てて見ることができていいですね。
この本の新しい見方を知ることができました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pringles.blog23.fc2.com/tb.php/127-04b8c26f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad