風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

上の舞台溶岩の上を通過した吾妻火砕流



吾妻火砕流の表面には、このような赤くてひび割れた特徴的な岩塊がみられます。ここは、六里ヶ原です。

P1010257s.jpg

六里ヶ原の西に高さ50メートルの台地があります。上の舞台溶岩です。この上にも同じ岩塊がたくさんみつかります。吾妻火砕流はこの高台の上も流れ下ったのです。遠くに鬼押出し溶岩が見えています。

P1010280s.jpg

上の舞台溶岩の西端は吾妻火砕流に覆われていません。むこうに見える森が覆われなかった領域です。

P1010272s.jpg

森の中に足を踏み入れると、このように下草がうっそうとしています。一方、吾妻火砕流が通過した領域はまだ表土にほとんど覆われていません。砂礫が露出しています。部分的に、ガンコウランやミネズオウなどの矮小低木がみられるだけです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pringles.blog23.fc2.com/tb.php/135-81498252
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad