風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

浅間山現地見学会を実施します

このブログをご覧の方へ、

浅間山北麓の新しい地質図を作成するにあたって、製図してくれる職人さんに現地を案内する1泊2日の旅行計画を立てました。興味ある方は、ご参加ください。

見学会の方法と内容
新しい地質図をかく上でポイントとなった地点を車で巡る。水平方向の地質境界をいかに正確に決定するか、その方法論を実例を前にして考えます。

8月26日(土)
高崎駅あるいは軽井沢駅に集合
・押切端
・紀州鉄道ホテル
ランチ
・北軽井沢
・甘楽
・大屋原
・応桑田通
・濁沢
・池の塚
草津セミナーハウス泊

8月27日(日)
・サンランド
・鎌原観音堂
・上の原
・グランナチュール
・寿の郷
ランチ
・大笹
・東泉沢
・藤原
・溶岩樹型
万座鹿沢口駅または渋川駅または高崎駅で解散

連絡事項
・2万5000分の1地形図3葉「浅間山」「北軽井沢」「大前」を貼り合わせ、折りたたんで持参してください。
・経費は、1泊4食で7000円くらいかかります。
・車2台8名まで


私を含めて4名で実施しました。

細原開拓下に露出する土石なだれの層位認定に誤りがあったことに気づきました。地質図を修正します。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pringles.blog23.fc2.com/tb.php/139-d93bc2f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad