風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

浅間高原と吾妻川

IMGP0703s.jpg

浅間高原と草津高原の間の低地を吾妻川が西から東に流れています。それに沿って、JR吾妻線が走っています。万座鹿沢口駅の裏には、高さ80メートルの崖があり、上から、平原火砕流/塚原土石なだれ/湖底堆積物の順に地層が重なっています。1783年8月5日11時ころ、この高い崖の上から鎌原土石なだれが吾妻川に流れ込みました。
 その場所にはいま駅舎がつくられ、ホームには上野行きの新特急が停車しています。橋を渡った北側の集落は三原です。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pringles.blog23.fc2.com/tb.php/15-a25137f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad