風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

釜山の形成位置と南斜面の熱変形

釜山は1783年の噴火で浅間山頂の前掛火口の中に生じた小火山です。底径1キロメートル、高さ100メートルです。中央に直径300メートルの火口が開いています。いまの浅間山の中心火口です。

釜山は前掛火口の中心から北側にずれた位置に生じました。そのため成長開始後まもなく北側斜面が前掛斜面と一致してしまい、北側への成長が阻まれました。釜山の北側火口縁は他の方角のようには高くなれませんでした。このために、1783年噴火のときにこの火口から発生した流れは、樽木の一番低い部分から水がこぼれ落ちるように、すべて北側へ向かいました。鬼押出し溶岩と吾妻火砕流です。

南側への成長は前掛火口原を越えることがありませんでした。釜山の南斜面と前掛山の南斜面はいまでも食い違っています。釜山の斜面は前掛火口原の上で終わっています。

釜山の南斜面は安息角(あんそくかく)の崖錐(がいすい)斜面だけで構成されているのではなく、標高2480メートル付近に緩斜面があります。


地図に赤く着色した部分です。これは、内部のまだ熱い岩石が堆積後に重力の作用でゆっくりと変形して生じた地形だと考えられます。内部変形によって南側へ移動した距離は100メートルほどです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pringles.blog23.fc2.com/tb.php/152-6939ed70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad