風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

シャモニーのメールドグラス氷河



メールドグラス氷河の表面に年縞がみえる.縞の間隔は30-50m.前年の冬に積もった雪がすっかり融けた晩夏だから氷河の表面がよくみえる.ここは雪線の下にある.氷河の縁にある高さ100mのモレーンは、19世紀に終わった小氷期の時代の氷河前進でつくられた.

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pringles.blog23.fc2.com/tb.php/158-0a85d4f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad