風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

10月の札幌

IMGP0717s.jpg

時計台
札幌の時計台は、札幌農学校の演武場として1878年にここに建てられました。いまでいう体育館です。農学校は1903年にいまの北海道大学キャンパスに移転しましたが、演武場だけはここに残されました。大通公園から1ブロックしか離れていない混雑する交差点にあります。

IMGP0719s.jpg

大通公園のとうきび売り
大通公園には、朝早くから大勢の観光客が訪れます。飛び交う言葉は、日本語より韓国語や中国語がよく聞こえます。絵を描き終わったころには英語も聞こえました。大型客船が近くの港に着いたようでした。

IMGP0720s.jpg

赤レンガの北海道庁
新千歳空港から札幌に向かう列車の窓から見えた森の景色は、北軽井沢と似ていました。標高1000メートルの高原の気温は、海岸より6度ほど低くなります。北へ1000キロ移動しても、やはり6度ほど気温が下がります。だから、北軽井沢の森と札幌の森はよく似ています。
 着いた日は風がありましたが、翌日は風がなくなり、青く澄みわたった秋の空に北海道庁の赤レンガが映えました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pringles.blog23.fc2.com/tb.php/16-c669ef79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad