風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

チョウノスケソウ



前回の氷期が終わりに近づいて地球全体が温暖化しているとき、ヨーロッパアルプスにふたたび寒い時代が訪れた.その地層中にはDryas Octopetala(和名はチョウノスケソウ)の花粉が多量に含まれるので、この時代をYounger Dryasという.Younger Dryasは紀元前9690年ころに終了して、そのあとは現在の暖かい時代である完新世となった.Denali国立公園では、この Dryas Octopetalaを多数見ることができる.

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pringles.blog23.fc2.com/tb.php/162-8c7f6508
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad