風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

鬼押出し溶岩の流出を書いた史料

鬼押出し溶岩は8月5日の鎌原土石なだれのあと、天明噴火の最後の出来事として山頂火口から流出したと長い間考えられてきたが、そうではなく、8月2日から始まったプリニー式噴火と同時に山頂火口の北縁からあふれ出して北山腹を流れ下ったのだと思われる。そう考える状況根拠は次である。

・ 8月4日午後に発生した吾妻火砕流の流下方向に影響を与えている。
・ 表面にスコリアラフトをのせている。
・ 8月5日10時に発生した鎌原土石なだれの中に、鬼押出し溶岩から生じたと思われる黒岩が多数含まれている。
・ 前進する安山岩溶岩流の先端で爆発が起こった事例が他の火山で知られている。
・ 8月5日昼以後に書かれた史料に鬼押出し溶岩流出の目撃証言がない。

2006年10月、浅間山北麓の標高1730メートル付近にある鬼押出し溶岩の一角で、その表面をおおう吾妻火砕流の堆積物を発見した。そこには、吾妻火砕流だけでなくプリニー式軽石もみられる。この発見によって、8月4日午後には鬼押出し溶岩が北山腹に存在したことが、状況証拠によって推論されるに留まらず、事実として確認された。

豊富に残されている天明三年噴火史料の中に、鬼押出し溶岩の流出は本当にひとつも書かれていないのだろうか。8月5日以後の縛りを解いて、史料の中に鬼押出し溶岩と解釈できる記述がないか探してみよう。

8月5日(七月八日)未明、鎌原土石なだれ発生の数時間前、鎌原用水の源泉に泥が山のように湧き出していた、あるいは4メートルほども泥が湧き上がっているのを見たという報告がある。これこそが鬼押出し溶岩流出の目撃証言でなかろうか。江戸時代のひとに溶岩という概念はなかっただろうから、湯気を上げながらゆっくり前進する鬼押出し溶岩の先端を泥の山だと認識したとしてもおかしくない。

「神(鎌)原の用水ハ浅間の腰より来ル.七日晩流一円来す.村の長たる者不思議成事かな源を見んと八日の未明見に趣しに泥湧出つる事山の如し.見と斉しく飛鳥の如く立帰り村へ来ルと大音に、大変有家財も捨て逃よ逃よ(と)呼りて我家へ帰、取者もとりあへずあたり(近)辺を引連て高き山へ遁れて命恙なし。呼ばれたる家にて、何気違の有様逃てよくバ朝飯給て退くべしと油断する中、大浪天にみなぎり其はやき事一時に家も人も皆泥中のみくずニ成。」蓉藤庵『浅間山大変実記』萩原史料2.201


「七月初瀧原ノ者草刈ニ出テ谷地ヲ見候へハ谷地之泥二間斗涌あかり候。是ヲ見テ畏レ早速家財ヲ被仕廻立退候。」毛呂義郷『砂降候以後之記録』萩原史料3.141-142


その恐怖は、村人たちがただちに家財をまとめて立ち退くに十分だった。朝食をすませてから立ち退こうとした家族は泥に飲まれてしまったという。この逃げ遅れによる明暗は、大笹村名主黒岩長左衛門(大栄)が蜀山人に依頼して書かせた文章に盛り込まれた教訓を想起させる。

蜀山人記念碑(5.162-163)
信濃なるあさまかたけにたつ烟ハふるき歌にも見えてをちこちの人のしる所なり。いにし天明三のとし夏のはしめよりことになりはためきてほのほもえ上り、烟ハ東のそらになひきて灰砂をふらし、泥水をふき出し、同七月五日より八日にいたるまで夜昼のわかちもなく、ふもとの林ことごとくやけ、泥水ハ三里はかり隔りたる吾妻川にあふれゆきて凡二十里あまりの人家林田圃ハいふに及ばず、人馬の流死せしもの数をしらす。しかるに有かたきおほんめくみによりてやうやうもとの如くにたちかへるといえへとも、たつ烟ハさらにやます。いにし年この災をおそれて速にたちさりしものハからき命をたすかり、おそれすして止れるものはことごとく死亡せり。これより後にいたりて又も大きにやけ出んもはかりかたけれは、里人この碑をたてて後のいましめとなすことしかり。

富士のねの烟ハたたすなりぬれとあさまの山そとことハにみゆ

文化十三年丙子秋九月 蜀山人書
黒岩大栄建

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pringles.blog23.fc2.com/tb.php/173-09d7c0d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad