風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

日光白根山の火山地形



日光白根山には、複数の顕著な火山地形があります。座禅山の火口とそこから北に流れた溶岩(黄色)。白根山頂から北に向かって流れたが、座禅山に突き当たって東西に流れ分けた溶岩(緑色)。血ノ池地獄は火口のようにみえますが、この溶岩の中に生じた地すべり地形です。この溶岩は、行く手を座禅山にさえぎられていますから、座禅山より新しい。しかし6世紀に榛名山から飛来した伊香保軽石に覆われているから、1500年前より古い。

山頂は、西北西-東南東方向に伸びる顕著な地割れ(赤色)に横切られています。この地割れは、『日光山志』によると、慶安二年(1649年)の噴火で生じたといいます。この地割れ火口の南側には、直径300メートルほどの大きな火口をもつタフリング(青色)があります。マグマと水が接触したときにできるタフリングが山頂にあるのは不思議です。このタフリングも6世紀の伊香保軽石に覆われています。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pringles.blog23.fc2.com/tb.php/197-eddab714
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad