風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

竜頭の滝火砕流の噴出源

竜頭の滝火砕流は、男体山から1万4800年前に起こった七本桜/今市噴火のときに流れ出したと一般には考えられています。しかしそうではなく、三岳溶岩ドームの出現前に戦場ヶ原一帯を埋め尽くした火砕流噴火があって、その堆積物がつくったのではないか。戦場ヶ原から流れ出す湯川の谷を厚く埋めたため、いまの竜頭の滝部分がとくに堅く溶結した。

三岳の噴火堆積物が含んでいた炭化物の放射性炭素年代が4000年前だったと、宇都宮大学の中村洋一さんが1995年に報告しています。暦年代だと5000年前くらいにあたるでしょうか。三岳は光徳牧場の西に接する山塊です。

戦場ヶ原の縁で観察すると、火砕流堆積物の上にロームはなく、いきなりクロボクがのっています。クロボクの厚さは薄くて50センチくらいしかありません。この層序は、1万4800年前よりも5000年前を示唆します。

しかし溶岩ドームの上昇に伴う火砕流は、発泡してない岩片を噴出するのがふつうです。それは、しばしば熱雲と呼ばれます。竜頭の滝火砕流はよく発泡した軽石を大量に含むから、溶岩ドーム上昇に伴う熱雲の範疇には入りません。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pringles.blog23.fc2.com/tb.php/200-43fd9475
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad