風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

日光戦場ヶ原に浅間山Bスコリア上部

IMGP1960s.jpg

日光白根山1649年火山灰は、従来知られていた湯ノ湖南岸で2センチだけでなく、史料が書くとおり赤沼付近に厚く堆積している。30センチほどだが、分布幅はとても狭い。そして分布軸の延長線上でも、戦場ヶ原の東に接する三本松農場ではみつからない。そこには地表直下まで扇状地の砂礫があって、クロボクがほとんどない。1649年火山灰はここに降ったが、すみやかに浸食されて失われたとみられる。

戦場ヶ原の小高い地形面を覆うクロボクの間には、榛名山から6世紀に飛来した伊香保軽石が20-30センチの厚さで挟まれている。最大粒径10ミリで、登山道側壁のクロボクの中にくっきり白さく露出する。まるで米粒のようだ。

低地では、クロボクを泥炭が置き換える。条件がよいと、伊香保軽石の上に厚さ3センチの砂層を認めることができる。最大粒径は2ミリだ。この砂を顕微鏡の下で観察すると、紫蘇輝石や斜長石などの角張った結晶粒と軽石ガラスからなることがわかる。浅間山から1108年9月26日に噴出した軽石(Bスコリア上部)だ。

伊香保軽石のすぐ下に、渋川火山灰が厚さ3センチでみつかる。最大粒径は1ミリ。顕微鏡の下で観察したところ、黒雲母を含む。結晶粒の角は丸く、表面に黄色が付着している。火山噴火によって空から降った砂ではなく、水流によって周囲の山から運ばれた砂だと思われる。

IMGP1963s.jpg

湯滝は第三紀の火山岩がつくる山地の尾根にかかっている。5000年前に三岳溶岩ドームが地下から出現して湯ノ湖を堰きとめ、そこに滝がかかるようになった。中禅寺湖から流れ落ちる華厳の滝は、男体山の形成に伴って生じた。2万年前ころだと思われる。滝そのものは男体山から流れ出した溶岩の上にかかっている。竜頭の滝の西にある高山はカコウ岩からなる。

img003s.jpg 
 

asama1108.jpg

浅間山のBスコリア上部は、福島県内の白河市、須賀川市、石川町、小野町、富岡町の遺跡でもみつかっているらしい。これらの地点は、浅間山と日光戦場ヶ原を含めて、一直線に並ぶ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pringles.blog23.fc2.com/tb.php/207-affb8fab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad