風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

大統領就任式の準備進む

1月20日正午、アメリカ大統領がブッシュからオバマに交代します。その就任式のための準備がいまワシントンで着々と進められています。きょうは、その進捗状況を見てきました。

 IMG_3736s.jpg
国会議事堂の前庭に無数の椅子が並べられています。この正面壇上に、オバマ新大統領が正午きっかりに現れるのだそうです。この椅子に座るチケットがない人は、モールの芝生に立ってはるか遠くからオバマをみることになります。スミソニアン自然史博物館の前にたくさんの仮設トイレが並べられていました。当日まで使えないように、すべてのドアがビニールひもでロックされていました。

IMG_3752s.jpg IMG_3756s.jpg
国会議事堂で就任演説を終えたあと、オバマはこのロータリーからペンシルバニア通りをホワイトハウスまでパレードします。当日は、オバマをひと目見ようとする人たちでこの通りがあふれかえると予想されています。右の写真は、ペンシルバニア通りの途中から国会議事堂を振り返ったものです。

通りのところどころに仮設階段席が設けられていました。この席のチケットが金曜日の13時から1席25ドルで売り出されましたが、1分で売り切れたそうです。チケットがないひとは立ち見になります。パレード当日にペンシルバニア通りに近づくには、13ヶ所に設けられるセキュリティゲートのどれかを通過しなければなりません。どの入口にも長蛇の列ができるだろうと予想されています。

IMG_3770s.jpg
ホワイトハウスに到着したあとオバマは、敷地の北側にあるこのガラス張り*の中に現れてスピーチすることになっているようです。ここにも仮設階段席が多数設置してありました。

*このガラス張りは、オバマがスピーチをするためではなく、オバマが(逆に)パレードを見るための席でした。終わったあとにわかってもどうしようもないのですが、オバマがホワイトハウスに入ったのを家でテレビで見届けてから地下鉄に乗り、このガラス張りの前の仮説階段席に座ってパレードを見ながらオバマ夫妻を見学するのが一番賢い方法だった。氷点下の寒さに耐え切れず、チケットの権利を早々に放棄したひとが多かったらしい(1月22日追記)。ここでパレードを見たのはオバマだけだったという発言を耳にしました。予定より2時間遅れて始まったので、オバマが着席したときにはすでに暗かったという。仮設階段席の人影はまばらだったということなのでしょう。そういえば、パレードをみる群集の写真はひとつもみません。また、モールで就任式に参加したひとに聞いたのですが、集まった人の半分は黒人だったそうです。このような人種比率はこれまでの就任式ではなかったそうです。黒人たちの多くは家族で来ていたそうです。黒人たちにとって、2009年1月20日はたしかに歴史的な日だったようです(1月26日追記)。


IMG_3778s.jpg
オバマは17日**にワシントンに到着して、このヘイアダムス・ホテルに宿泊します。ホワイトハウスの裏手に当たります。すでに警備がきびしくて、ホテルのロビーに入ることはかないませんでした。屋上に、警備する人影が見えます。

**このとき、オバマは家族とともにすでにこのホテルに滞在していたらしい。だからこれほど警戒が厳重だったのです。私がこの写真をとったていたころ、オバマはUストリートのBen's Chili Bawlでホットドッグを食していました。夕方7時には家族を伴ってリンカーンメモリアルに行ったのだそうです(1月26日追記)。

IMG_3783s.jpg
メトロ(地下鉄)チケットの絵柄は、最近までパンダだったのですが、オバマに変わりました。20日のメトロは、終日ラッシュアワー運転をするそうです。モールの中にあるスミソニアン駅は全列車がノンストップで通過するそうです。

Inauguration Day 2009 アメリカ政府の公式ページ
Inauguration Central ワシントンポスト紙の特集ページ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pringles.blog23.fc2.com/tb.php/252-41d4f2c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad