風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

Googleマップでつくった浅間山リスクマップ

Googleマップで"asama risk map"を検索すると、私がつくった地図がたくさんヒットします。マイマップに保存すれば複数の地図を重ねて表示することができます。たとえば、こんなふうに表現することができます。細部を拡大してご覧になれます。じゃまなレイヤーは削除して関心のある部分だけを取り出して詳しくご覧になれます。

0427.jpg

新しい地層に覆われた部分も表示しているところが、地質図と違います。古い時代の大きな噴火がつくった地層は火山から遠く隔たったところに露出しています。火山の近くでは新しい小さな噴火の堆積物で隠されてしまっていますが、古い大きな噴火の噴出物がそこをどの経路で通過したかを想像するとき、いままで誰も見なかった景色を見ます。

噴火ごとに個別表示したマップも掲げます。

tenmei.jpg oiwake.jpg
1783年の噴火         1108年の噴火          等厚線は50センチ

hirahara.jpg tsukabara.jpg
1万5800年前の噴火      2万4300年前の山体崩壊  等厚線は100センチ



Googleマップへのリンク


大きな地図で見る
Googleマップで表現した追分火砕流の分布。Bスコリア下部と上部の分布も、厚さ50センチの等値線で示した。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pringles.blog23.fc2.com/tb.php/268-0d9a7baf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad