風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

ワシントンDCの地下鉄はコンピュータ運転

数時間前にワシントン地下鉄レッドラインの地上部分で追突事故が発生して、多くの死傷者が出たそうです。私は半年間オレンジラインをよく利用しました。そのとき、この地下鉄の運転手が実は運転していないことに気づきました。以下、2009年2月24日の日記から。

スミソニアンの同僚が「メトロの運転手は運転していない。運転は司令室のコンピュータがしている」と言っていたのを思い出して、きょうの帰りに運転席の後ろに陣取って観察しました。彼が言ったことは本当でした。運転手は運転していませんでした。

彼女がしていたのは、ドアの開閉だけ。列車が止まると窓から顔を出して後ろを見てドアを開ける。ドアを閉めると列車が動き出す。列車の動きと彼女の動作に因果関係はまったく認められませんでした。彼女はドア閉めボタンを押しただけなのに、彼女はまだ運転席に着席していないのに、電車が動き出しました。

運転席は、進行方向右側にあります。右側通行ですから、線路の両脇にホームがある駅はよいのですが、島ホームの駅はたいへんです。止まると、急いで左側に行って窓から顔を出してドアの開け閉めをします。そして急いで運転席に戻ります。ちょっと滑稽です。こうして彼女が運転席に戻る前に、列車が動き出したのです。動かぬ証拠です。

コンピュータ制御だから走行がスムーズでなくて、ぎくしゃくするのでしょう。こう考えると、人間の能力はなかなか捨てたもんじゃないな。人間に運転させないのはどんな理由からなのだろうか。人間に運転させて、万一のときにコンピュータで停めるATSのほうが優れたシステムだと思う。

列車の最後尾に車掌はいません。ワンマン走行です。

コメント

日本でも

日本でも、踏切のない地下鉄を中心に普及が進んでいますね。
つくばエクスプレスもそうです。

車掌同然の仕事だから運転士の有資格者(動力車操縦者)を
乗せなくてもいいようなものですが、異常時には運転することも
あるため、無人運転以外は有資格者を乗務させています。
つくばエクスプレスでは訓練を兼ね、各運転士毎日1回のみ
手動運転をするのだとか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2011/10/20(木) 20:10:32 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pringles.blog23.fc2.com/tb.php/275-ba89aeb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad