風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

榛名山の噴火遺跡から古墳時代の武具を装着した人骨が出土

古墳時代の497年6月のある日、榛名山が1万年の静寂を破って突然噴火した。噴火地点は山頂ではなく、いまの伊香保温泉のすぐ上から。初めはあずき色の火山灰を降らせた。それが数日続いたあと、雲仙岳と同じような火砕流(熱雲といったほうがよい)が山腹を下った。

この熱雲に襲われた古墳時代の集落は、たとえば中筋遺跡でよく知られている。今回は、武具を装着したままの人骨が見つかったことが新しい。この噴火での人骨発見は初めてではなかろうか。今回の発掘は、古墳時代の人々がこの噴火にどのように遭遇したかを推し量ることができてたいへん興味深い。

イメージとしては、1991年6月3日、北上木場で火砕流にまきこまれた犠牲者の人骨が回収されないまま放置された。高温で焼かれたために腐敗しにくかった。数週間後、風や雨によって周囲の火山灰が寄せ集まって人骨を埋没させた、と思えばよい。

そのあと、25年の静寂が流れた。榛名山が再度噴火して厚さ2mの軽石が降り積もってこの地を覆った。軽石と熱雲の間には、25年の時間経過を示す厚さ5センチほどの黒土がある。厚さ2mの軽石に守られた人骨は1500年後の2012年11月、群馬県埋蔵文化財調査事業団の発掘調査によって発見された。


View Haruna Futatsudake eruption in a larger map


共同通信記事2012年12月10日
現地公開は12月12日10時から15時
121210-1-1.jpg saved_quote_image_14426.jpg
(群馬県埋蔵文化財調査事業団撮影)


12月12日見学報告

金井東裏遺跡は、吾妻川の右岸にある。2万4300年前に浅間山が崩れて発生した塚原土石なだれがつくった段丘の上にのっている。段丘のすぐ下を走るJR吾妻線より30メートルほど高い。この段丘は、30万年前にできた榛名山のスロープに高さ70メートルほどの崖をもって接する。

この高い崖のために、遺跡からは榛名山の山々がひとつも見えない。線路が見下ろせる段丘の際まで下がると、崖の上に水沢山の頭がかろうじて見える。二ツ岳は見えない(この熱雲のとき、二ツ岳はまだなかったのだが)。

溝は、最大傾斜方向に掘られている。つまり二ツ岳から放射方向だ。兵士は、その中に二ツ岳を向いてうつぶせに倒れている。

兵士を殺した熱雲が残した堆積物の厚さは10センチほど。ただし、溝の中では兵士を埋めることができるくらい厚い。50センチくらい。溝の延長線上の未発掘部分にトレンチが掘ってあり、そこで見える熱雲堆積物は50センチ以上あった。溝ではなく平地に堆積したようだった。

この兵士の遭難は、雲仙岳1991年6月3日噴火による北上木場での43人遭難とまったく同じだったようにみえる。

スライド5 スライド6 

スライド7 スライド8

古墳時代の兵士を殺した榛名山の噴火は1万年ぶりのことだった。榛名山はその25年後に再び大きな噴火をしたが、そのあと1500年間静まり返っている。このような低頻度だが破壊力の大きい噴火リスクに私たちはどう対処したらよいのだろうか。

05fragflow.jpg
熱雲の到達範囲比較。榛名山495はセントへレンズ1980.5.18に次いで大きい。雲仙岳1991.6.3の30倍程度。 

・ポチさんによるツイートまとめ



12月13日

A95q788CUAAf0Aw.jpg
遺跡の位置 @hugujo

700993715.jpg
遺跡の際からは、水沢山の頭がかろうじて見える。@pochipress

29636_2665789499777_960569147_n.jpg
赤色地図 @arukazan



12月14日

yoroi 005 yoroi 009

yoroi 020 yoroi 013

yoroi 012 yoroi 015

yoroi 014 yoroi 019

yoroi 018 yoroi 024

yoroi 025 yoroi 028

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pringles.blog23.fc2.com/tb.php/334-66b9303b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad