風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

峰の茶屋の1783年軽石と1108年スコリア


1783年軽石の下に、厚さ20センチのクロボクを挟んで、1108年スコリアが重なる。

P1030705.jpg
追分火砕流から降り積もった赤色火山灰の上面が浸食されて、その上にBスコリア上部が載っている。この浸食面に、中右記が書く4週間のギャップがある。これほど下まで見えたのは、ひさしぶりだ。いつも重機で掘ってくれる東大地震研究所に感謝。

P1030699.jpg
露頭全景。広くはない。同時に観察できるのは5-6人まで。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pringles.blog23.fc2.com/tb.php/344-81ad12b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad