風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

古嬬恋湖と国境平

tumagoiko2.png

浅間山の北側に、25万年前から17万年前までの8万年間だけ存在した大きな湖。湖底堆積物の間に鳥浜火山灰と空沢軽石と石津原軽石を挟む。湖の水面は現在の標高920メートル付近にあった。湖底堆積物がいま地表に露出する領域を濃く着色した。

hanamagari.png

鼻曲山は、ケスタ地形に見えるけど、そうなんだろうか?北軽井沢上空 200 m から南を見た。右端は小浅間山。

gmap.png

グーグルマップで見ると、こんな地形をしている(南が上)。鼻曲山から西へ浅間山に伸びる県境は本州の脊梁だ。なのに平らで、白糸の滝あたりには湖成粘土層が厚く堆積している不思議な場所。国境平という。東側は、碓氷峠で知られる断崖絶壁。関東平野に落ちる。

20万年前の嬬恋湖の水面が920mにあって、白糸の滝の粘土層(白糸軽石を挟むから2万年前)の下にその湖の堆積物があると考える。いまの標高1300mとの差は400mだ。2万4300年前の塚原土石なだれとその上に重なる粘土とテフラとレスの厚さが100mだとすると、300m隆起させないといけない。隆起速度は1.5 mm/年だ。そんなに無謀な数字ではない。

嬬恋湖の水面が920mは、確たる証拠があるわけではない。嬬恋湖成層の分布から湖底の標高はわかるが、水面の標高は正確にはわからない。嬬恋湖成層の最高高度が水面標高の下限を与える。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pringles.blog23.fc2.com/tb.php/369-3704c122
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad