風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

奥日光の地形は三段飾り


一段目。標高1470メートルの湯ノ湖から急傾斜で流れ落ちる湯滝は男体山よりずっと古い岩石に懸かっている。しかし湯ノ湖は、その東側に5000年前に出現した三岳溶岩ドームがもっと東側で谷川を堰き止めてつくった湖である。切込湖・刈込湖もそのときできた。

DJI_0330.jpg
二段目。標高1390メートルの戦場ヶ原から緩傾斜で流れ落ちる竜頭の滝は、1万5000年前に男体山から噴出した火砕流に懸かっている。したがって、いまの戦場ヶ原は1万5000年前にできたのだが、竜頭の滝のすぐそばまでカコウ岩の山が東西とも迫っているから、1万5000年前の火砕流は狭い谷を埋めたにすぎない。いまよりやや低いレベルの戦場ヶ原がその前からあった。

DJI_0275.jpg
三段目。標高1270メートルの中禅寺湖から真下に落ちる華厳の滝は、2万年前に男体山から流れ出した厚い溶岩に懸かっている。したがって、中禅寺湖は2万年前にできた。1万5000年前の竜頭の滝火砕流はここに痕跡を残していない。もっと下の清滝町に高い白崖を形成しているから、大量の火砕流がここを下ったのは確実なのだが。

DJI_0381.jpg

DJI_0302.jpg 

奥日光の自然観察地点ほか

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pringles.blog23.fc2.com/tb.php/378-e656ae6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad