風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

2900年前の富士山崩壊

東麓に御殿場土石なだれを展開させた2900年前の崩壊壁の位置を決めるはむずかしい。その後の噴火で崩壊凹地がほぼ埋められてしまったからだ。それでも、小富士から望むと、崩壊壁を特定することできる。須走口登山道は、崩壊し残った古い山体の溶岩を登って、2900年前から2200年前の間にできた新しい山体表層をつくる厚いスコリアを駆け下る。



DJI_0398.jpg

DJI_0420.jpg

CwyGRE0VEAAhH1W.jpg

CwyGFa-UkAAYJEY.jpg
獅子岩は、2900年前の御殿場崩壊の壁底の高まりで、そのあと600年続いた山頂からの溶岩流出による修復が届かなかった部分だ。すなわちキプカ。(Google Earth)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pringles.blog23.fc2.com/tb.php/421-76cd6a28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad