風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

富士山の登山道は、2900年前の大崩壊の両側につけられている。

fujiice2_20161210150526137.png
横浜市内から遠望した@fujiyamao さんの富士山写真に加筆した。須走口登山道(白)は2900年前の崩壊を免れた硬い溶岩の上につけられている。いっぽう下山道とブルドーザー道(赤)は、崩壊後の噴火でできたスコリア斜面につけられている。

hokai.png
富士山は、スコリアが降り積もった東斜面が緩くて登りやすいはずだが、2900年前の崩壊後に作られたスコリア斜面は登りにくいため、崩壊し残った両側に登山道が付けられている。スコリア斜面は駆け下る砂走りとブルドーザー道に利用されている。


日本の火山の最高点は山頂火口縁の東側にあるのが普通だ。高空では常時西風が噴いていて噴出物が東側に多く積もるからだ。これに反して富士山の最高点が西側にあるのは、山頂火口の東半分が2900年前に崩壊して低くなったから。

asama.png yotei.png
浅間山と羊蹄山。最高点は火口の東縁にある

fujiice2_201612121453260e9.png
2900年前の崩壊後にできた斜面がよくわかる。富士吉田側からのオイさん写真の上に着色した。

fuiwaiice2.png
半かけの円錐をうまく修復したのは岩手山でも見られる。こちらの崩壊は6900年前。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pringles.blog23.fc2.com/tb.php/426-7fe5605c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad