風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

浅間釜山と霧島御鉢はよく似ている。


浅間山の釜山スコリア丘(右)と霧島山の御鉢スコリア丘(左)のほぼ同一縮尺比較。よく似ている。釜山スコリア丘は360度ぐるりあるが、御鉢スコリア丘は溶結層が西側で欠けている。そこから大量の溶岩が流れ出た。いっぽう釜山スコリア丘は鬼押出し溶岩が北側基底を破って流れ下った。

ohati.png
御鉢のグーグルマップ3D

kama.png
釜山のグーグルマップ3D

・浅間山1783年溶岩(鬼押出し)は3億トン(M4.5)
・霧島山1235年溶岩(御鉢)は2億トン(M4.3)。


oni.png

oni2.png

oni3.png

oni4.png

釜山スコリア丘の北裾を破って流れ下った鬼押出し溶岩。Google Earthで四方向から。南裾の膨らみはスコリアが溶結して変形してできた。溶結ではこの程度しか変形しない。鬼押出し溶岩の全量をつくるにはとうてい及ばない。

スコリアの溶結が南側だけで起こった最大の要因は、噴火時の風が西北西だったからだ。東南東方向にもっとも厚くスコリアが集積されたために、そこで溶結作用が生じた。

karu.png

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pringles.blog23.fc2.com/tb.php/439-948d960d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad