FC2ブログ

風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

釜山火口の球面パノラマ

Dk7kKUfU8AAA0FX.jpg
1783年噴火でできた釜山スコリア丘は、千トン岩の真下が一番低い。溶岩はそこでスコリア丘の裾を破って前掛山の北斜面を流れ下った。山頂火口の筒直径は 330 m、火口縁の高低差は 70 m、最低火口縁から火口底までは 150 m。1783年噴火直前の前掛山火口底は標高 2350 m 付近にあった。

鬼押出し溶岩が北側山腹にしか分布しないのを私は、火口縁の最低所から溢れ出したと長いこと表現していた。千トン岩が鎮座する縁が山頂より70m低いので、そこから溢れ出したと思っていた。しかしそれは違っていた。

鬼押出し溶岩は、釜山スコリア丘の裾を破って北に向かって流れた。噴火前の前掛山火口縁の北側が低かったからだ。火口内壁に露出する1783年溶岩は、噴火前の地形に沿って 40 m ほど上下するが、厚さは 20 m ほどで一様である。鬼押出し溶岩が北に流れ出しているときの火口内溶岩湖面は、千トン岩の真下のスコリア丘/溶岩境界より 40 m ほど高いところにあっただろう。

asama50.png
球面パノラマ。DJI Mavic Airで2018年8月19日に撮影。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pringles.blog23.fc2.com/tb.php/466-6e0b70f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)