FC2ブログ

風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

津南の河岸段丘(地上写真とドローン写真の比較)

D6gfX0FUYAACaFW.jpg
津南町石落としの地上写真。砂礫からなる魚沼層群の上に、苗場山の溶岩が重なる。溶岩が流れたのは30万年前。そのあと中津川が330メートル深く浸食した。隆起速度は1ミリ/年だ。


ドローン写真。溶岩の表面が見える。もう少し高度を上げて撮影すれば、段丘平坦面の上に流れ広がった溶岩の末端崖がはっきりする。

D6gfg_8UYAApCUn.jpg
川の展望台からの地上写真。中津川は、信濃川に合流する津南で顕著な河岸段丘をつくっている。

D6cVLc_V4AA3PWA.jpg
ドローン写真。緑の林で強調された段丘崖だけでなく、水田が広がる段丘面も見える。


D6cVSOgUIAEiokT.jpg
空の展望台(マウンテンパーク津南)からのドローン写真。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pringles.blog23.fc2.com/tb.php/501-96b627f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad