FC2ブログ

風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

御殿庭は1707年噴出物か

氷河が残したモレーンだと私が3年前に認定した御殿庭と宝永第三火口が、1707年噴火でつくられた地形だとする発表が、2019年5月27日に幕張で二つあった。静岡大学の小山真人さんと富士山科学研究所の馬場章さんたちだ。

・小山(2019)1707年富士山宝永噴火の火口と推移についての新たな作業仮説
・馬場ほか(2019)富士火山、宝永山の形成過程の考察

koyama.png
小山(2019)

これらの地形と堆積物(2016年と2017年に私が撮影した現地写真、大画面閲覧用)が300年前の噴火で、わずか数日でできたとはとても考えにくい。 御殿庭モレーンからの排水ロだと私が認めた谷地形を、小山(2019)は噴火割れ目、馬場ほか(2019)は浸食谷だとしている。

これら二つの発表が主張するところが正しければ、氷河地形であるとする私の解釈は否定される。しかし、次の点で彼らの解釈は疑わしい。御殿庭と第三火口は一列をなさず並列している。噴火割れ目が二列になるので同じ噴火で形成されたとは考えにくい。また火口近傍相(アグルチネートなど)がない。浸食谷だとすると、いったいいつどうやって形成されたのだろうか。ガリー(雨裂)なら、どうしてここだけにできたのか説明できない。

D7k0ZMTVUAIpKQs.jpg
須走口、幻の滝付近で2017年10月1日撮影

御殿庭と第三火口だけでなく、宝永山(赤岩)も1707年噴出物だという。須走口、幻の滝付近に露出するこの1707年スコリア/軽石のいったいどの層準にそれらがあたると考えるのだろうか。

もし宝永山(赤岩)や御殿庭の凸地形が1707年噴火でできたのなら、水蒸気マグマ爆発でできたタフリングだということになろう。それらの遠方相がプリニー式降下スコリア/軽石の間に挟まれているべきである。しかし、火口から4キロほど離れた御殿場口や須走口で私が観察した限りでは、そのような地層は存在しない。すべてプリニー式降下物の積み重なりからなる。30年以上昔になるが、火口にもっと近い幕岩で観察した厚いスコリア層の中にもそのような噴火を思わせる地層は認められなかった。1707年降下スコリア/軽石の間に地層が挟まっている写真が提示されない限り、これらの地形が1707年にできたとする説は想像の産物だと言わざるを得ない。

宝永山(赤岩)について、2016年に産総研が出した富士火山地質図(第2版)に何と書いてあるか調べたが、説明書に記載を見つけられなかった。地図にはH-udとラベリングしてある。星山期の未区分噴出物の意味だ。10万年前から2万年前までのどこかで噴出した。

御殿庭はオリジナルの地形を比較的よく保存しているが、宝永山(赤岩)は大きく浸食されて、とくに東側がすべて失われている。宝永山(赤岩)が1707年噴出物でできていると主張するひとたちは、この大規模浸食がいつどのように起きたかを説明する義務を負っている。私は氷河が削ったと考えている。

D7sKrNfXoAEEpcn.jpg
うさはかせのドローン写真

1707年スコリア(黒)が宝永山の東側急崖を覆っている。この急崖は1707年スコリアが降ったときにはすでにあったということだ。新説によると、宝永山は9日の間に積もって崩れるをしないとならない。とてもむずかしい。そして、崩れた先の地表に該当土砂は認められない。1707年スコリア斜面が広がっている。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pringles.blog23.fc2.com/tb.php/504-cbdae332
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)