FC2ブログ

風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

津南の地形

D8K1JE3XkAYvXf9.jpg

河岸段丘で有名な津南の地形は次のようにしてできた。中津川の広い河床が40万年かけて200メートル隆起した。隆起速度は0.5mm/年である。河床の上に40万年かけてローム層が20メートル堆積した。堆積速度は0.05mm/年である。隆起速度よりひと桁小さい。最上部50センチはクロボクである。

段丘が一段ではなく複数段あるのは気候変化で説明できる。氷期と温暖期がおよそ12万年周期で繰り返した。氷期は苗場山と鳥甲山から森林が失われて斜面崩壊が頻繁に起こり、大量の土砂が中津川に供給された。

D8GKDWKVUAA1nMS.jpg
高位段丘を覆う厚いローム層。ニュー・グリーンピア津南。


D8HTn9YU0AEUn8c.jpg
鳥甲牧場の湖成層

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pringles.blog23.fc2.com/tb.php/507-3ad0226f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad