風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

古滝火砕流はC軽石噴火のとき



古滝火砕流の上に厚さ8センチのクロボクを挟んで1108年の追分火砕流がのっています。このことから、両噴火の間には800年程度の時間が経過したことがわかります。

前橋・高崎地域の考古遺跡では、平安時代のBスコリアの下に古墳時代のC軽石みつかります。遺物との関係から、C軽石の年代は4世紀だと言われています。したがって古滝火砕流がC軽石の噴火の産物であることは、たいへんもっともらしいことです。

古滝火砕流は、よく酸化した赤い堆積物です。溶結しています。古滝周辺では追分火砕流にすっかり覆われてしまって、地形をつくっていません。


鎌原観音堂にある嬬恋郷土資料館の天明噴火ビデオ(15分)はたいへんよくできています。その中で、吾妻火砕流の断面を映し出す場面があります。「六里ヶ原の茂みの中にあった」とナレーションが付されています。その撮影を行ったのはここだと思われます。しかし残念ながら、カメラが映し出した堆積物は天明三年(1783年)の吾妻火砕流ではなく、1108年の追分火砕流だったようです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pringles.blog23.fc2.com/tb.php/52-2b2a6f3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad