風景に書き込まれた歴史を読み解く

The Story Behind the Scenery

浅間山の崩壊土砂の上に建つ群馬県庁

2万4300年前に崩れた浅間山の土砂は、吾妻川と利根川を下って前橋まで達しました。



群馬県庁は、その崩壊土砂の上に建っています。塚原土石なだれはここまで来ると、パッチワークも流れ山もありません。しかし、その厚さは10メートルあります。

上部に見える水平の縞模様は、1万5900年前の平原火砕流の噴火のときに前橋に降り積もった軽石と火山灰です。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pringles.blog23.fc2.com/tb.php/64-64ae7dfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad